読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 神保町の絶品カレー

高村斉がお伝えします!

台風が最近よくきますね。

皆さんいつ何があってもいいように、

備えはきちんとされて下さい!

さて今日は、定番といえば定番のカレーについてご紹介!

神保町の絶品カレー3選。これは一度は食べるべき!

「神保町カレー」というものをご存知でしょうか?カレーの激戦区としても有名な神保町は何店ものお店が軒を連ねる町で、そのお店によって味も千差万別。またルーやスープ、ナンなどスタイルも様々。食べ歩きをすれば、必ず自分にピッタリ合う味に出会うことができますよ。

個性的な本屋さんが立ちならび、レトロな街並みで風情ただよう神保町。お目当ての古本を探しに行ったり、ぷらっと立ち寄るだけでも楽しめる街として人気です。今日は極上の一品が食べられるお店を30店ピックアップ。ランチ選びに迷った時の参考になれば嬉しいです♪

1.共栄堂

神保町のカレー屋さんとして有名な「共栄堂」は、創業大正13年の老舗店。共栄堂のカレーは”スマトラカレー”として親しまれていて、スマトラ島のカレーの作り方を日本人の口に合うようにアレンジしたオリジナルのカレーなんです!

独特の黒濃色のカレーは、26種類もの香辛料が入っていてスパイスの効いたお味。また、お肉も形がなくなるまで煮込まれていて、口の中でほろほろ溶けます。カレー好きなら一度は味わっておきたい一品♪

言わずと知れたこのカレー屋さん。色の濃いカレーは味がしっかりしていて、長時間煮込んだ証です。都営三田線・都営新宿線に乗って新保町駅で下車した後、A5出口から徒歩1分で着きます。憧れのカレー屋にいつか行ってみたいですね!

■ 基本情報

 

2.欧風カレーボンディ 神保町本店

共栄堂と並んで神保町のカレー屋さんとして有名な「ボンディ」のカレーは、ボリューミーで種類が豊富!辛さも甘口・中辛・辛口の3種類から選べます。さらに、お子様カレー以外はほくほくのポテトが付いていて大満足!

フランス仕込みのオリジナルソースが濃厚でまろやか。看板メニューの「ビーフカレー」はもちろんのこと、野菜やチーズといったカレーも大人気!神保町以外にも店舗を出店しているので、そちらに訪れてみてもいいかもしれません♪

外で食べるカレーは具が少ないからあんまりお得感がない…と思う人にもオススメなのが、欧風カレーボンディのカレーです。肉がゴロゴロといっぱい入っていて、そのボリューム感は食べると病みつきになってしまいますよ!是非試してみて!

■ 基本情報

  • ・名称: 欧風カレーボンディ 神保町本店
  • ・住所: 東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター 2F
  • ・アクセス: 地下鉄 都営三田線新宿線半蔵門線神保町駅より徒歩1分
  • ・営業時間: 11:00〜22:30(LO22:00)
  • ・定休日: 無休 ※年末年始・夏期休業あり
  • ・電話番号: 03-3234-2080
  • ・料金: 1,480円〜
  • ・公式サイトURL: http://bondy.co.jp/web/

 

3.ディラン

2013年7月にカレー激戦区・神保町のはずれにオープンした「ディラン」は、シンプルで女性でも入りやすいカフェ風な店構え。店名は、アメリカのミュージシャンであるボブディランに由来しているんだそう。そんなディランで出されるカレーは、どことなく異国を感じる新感覚のお味。

メニューは日替わり3種類で、チキンカレーやハーフ&ハーフといったものから秋刀魚や真だらを使った一風変わったカレーまで様々あり飽きさせません♪

仕事の休憩時間などお昼のランチにぴったりなのがこのカレー屋さんです。日替わりカレーの他、様々な創作カレーにチャレンジしていて、飽きてしまわないのが人気の秘訣です。一度は行ってみたいオススメのお店です! 

■ 基本情報

  • ・名称: ディラン
  • ・住所: 東京都千代田区神田駿河台3丁目3番地3 K&T・Tビル 2F
  • ・アクセス:地下鉄「小川町」B3出口から徒歩2分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅B3出口から徒歩2分
  • ・営業時間: ランチ11:30〜14:30/ディナー18:00〜21:00
  • ・定休日: 毎週日曜日・祝日
  • ・電話番号: 03-3292-3505
  • ・料金: 850円〜
  • ・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13158580/
 

 

この記事を見ているとカレーを食べずにはいられなくなりますね。

一口にカレーといっても色々あります。

様々な種類、様々なカレーを楽しみましょう!

それではこの辺で、高村斉がお伝えしました。