読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 日本代表の話

高村斉です。

昨日の話になりますが、書かせていただきます!

 

日本がキックオフ6時間前にブラジルに到着したナイジェリアに5ゴールを許して大敗した。

日本は5日午前10時(現地時間)、ブラジル・マナウスアマゾニア・アリーナで行われた2016のリオデジャネイロ五輪組の組別リーグ1次戦の試合でエテボの4ゴールなど5ゴールを奪われ、4-5で敗れた。

1

日本は4-1-4-1フォーメーションで、これに対抗するナイジェリアは4-2-3-1フォーメーションでサディクを中心にエテボ、ミッケル・イモフが攻撃を牽引した。

試合序盤から戦いに予告された。 前半6分ナイジェリアのサディクが先制ゴールを入れたが、3分後、日本にペナルティーキックを奪われ、キッカーになった興梠がペナルティーキックを成功させて同点を作った。

 

2

後半にもナイジェリアが優位を占めた。 後半4分ウマルがペナルティーエリアの内側で長い脚を活用したドリブル突破でペナルティキックを得ており、これをエテボがハットトリックを完成させた。エテボは後半20分に相手ゴールキーパーのミスを逃さず、自身の4番目の得点まで成功した。

日本もやられてばかりいなかった。 後半25分交代投入された浅野が挽回ゴールを決め、再び追撃の火種を蘇らせた。日本は後半終了直前、ゴールを追加したが、勝負を覆すにはすでに遅い時間だった、日本は体力的に有利な状況の中でも5ゴールも失点し、4-5で敗北した。

一方、サッカー協会の運営未熟と資金問題でしばらく飛行機に乗っていなかったナイジェリア代表チームは試合6時間前にようやくブラジルの地を踏んだ。 空港に到着したナイジェリア選手団は休む暇もなく競技場に向かったという。

ナイジェリアがすごかったと言うしかないですね!

まだまだこんなところで終わってほしくないので最後の最後まで応援したいと思います!

高村斉でした!