読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 寒くなると朝起きるのがつらい理由と対策

高村斉です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させて頂きます。

高村斉 寒くなると朝起きるのがつらい理由と対策

 

寒くなると朝起きるのがつらい理由と対策

a0006_000888

「布団から出たくないなぁ…」

学校や仕事に行かないといけないのに
寒くて布団からなかなか出られない人は多いと思います。

なぜ寒い季節は朝起きるのがつらいのでしょうか?

寒くなると変わる太陽

a0027_002514

冬は夏に比べ太陽の日照時間が短く、太陽の光の強さが弱いとされています。

太陽の光が強いと体内時計が整い「起きる」「寝る」のホルモンバランスを
しっかり切り替えることができるので朝起きやすくなります。

太陽の光を浴びることで体内時計は1日の時間を整えます。

しかし冬は日照時間も短く、太陽の光も弱いのでホルモンバランスの切り替えがうまくいかず
体内時計も1日の時間がおかしくなるので朝起きづらくなるのです。

体温が低いことも原因

bsTIG93_buranketnikurumarerujyosei

人間は寝る時は体温が低くなり、高くなってくると目覚めます。

これは人間の体がそのように作られているからです。

寒くなると手足が冷えるので元々体温が低いままだと
体温を下げることが難しくなります。

手足を温めるなど体温が上がらないと寝ることができないため
睡眠の質が落ち
目覚めも悪くなるので起きられなくなるのです。

また、朝寒いと体温が上がらないため起きられないことも原因の一つです。

寝る前に対策をしよう

a0002_010487

朝起きやすくするには夜簡単に寝ることができるようにすること重要です。

寝る前になるべく体温を上げ、体温が下がりながら寝るのがベストです。
なので寝る前は

・寝る前に温かい風呂に入り手足を温めて血行を良くする。
・就寝前はスマホやテレビ、パソコンの光を控える。

など寝るための環境を整えよう。

朝起きる対策をしよう

a0001_017040

起きる時は体温を上げるなどで目覚めやすくなるので

・暖房のタイマーを起きる30分前に設定する。
・タイマー付き照明器具を使う。
・布団の中で体を動かし温める。

他にも時計を布団から遠くに置く事で無理やり起きるなど
自分なりに工夫して寒い季節でも起きれるようになろう。

以上、寒い季節になると朝起きるのがつらい理由と対策でした。

本日はこの辺りで、高村斉でした。