読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 座高を測定するのは歴史的理由があった

高村斉です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介します。
高村斉 座高を測定するのは歴史的理由があった

座高を測定するのは歴史的理由があった

_shared_img_thumb_ZUB88_keikaishinagara_TP_V

学校で行われた身体測定で身長、体重など測定しますが
座高を測るのはなぜなのか。それは歴史的な理由があります。

何のために測るのか

_shared_img_thumb_DB88_onakamawari15154229_TP_V

座高を測るのは胃や腸などの内臓の発達を測定するため。

座高を測定する理由は日本人がまだ現在のように十分な栄養を摂ることができなかったころに
内臓の発達ぶりを上半身の長さを測り健康チェックをしていたのである。

発育の悪い兵士を育てようとしても戦争には勝つことができません。
内臓の発達を測定することで戦争に勝つための強い兵隊を育てる基準としていたことが主な理由です。

平和になった現在

a1130_000078

戦争がなくなった今でも測るのは椅子と机を合わせるため。

現代では栄養が行き届いているので、学校の生徒が座る椅子や机の大きさが
体格の大きさと合っているかを調べるために座高を測っています。

しかし、「測定の意味がない」「結果があまり活用されない」という理由で
2016年4月から診断項目から除外されるようです。

以上、座高を測定する歴史的理由でした。

本日はこの辺りで。高村斉でした。