読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 信号機の電気代を払うのは国ではない

高村斉です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させていただきます♪

高村斉 信号機の電気代を払うのは国ではない

 

信号機の電気代を払うのは国ではない

a0006_000312

信号機と言えば私たちの交通を安全のものにするため付けられている物で
昼夜働いていますが一体だれがこの電気代を払っているのか。
公共のものなので都道府県が払うものと思うかもしれませんが少し違います。

安全を守るあの組織が負担

bsPPS_sakuranoenburemu

信号機の電気料金は各都道府県の県警本部。つまり警察が払っています。

ですが警察も支払っていて私たち市民も実は支払っています。
それは電力会社に支払われるお金の一部はスピード違反などの
道路交通法違反の反則金の一部が充てられているからです。

なので信号機の電気代は警察と交通違反した市民が負担しているのです。

1年で○億

bsMOK_ichimanensatu2mai

信号機は1年間に全国で120億以上の電気料金が支払われている。

全国には約20万台の信号機があるので当然と言えば当然ですね。
LEDにすればもっと安くなりますが、コストがかかるのでLED化が進んでいないのが現状です。

--

以上、信号機の電気代を払うのは国ではないでした。


本日はこの辺りで高村斉でした。