読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉 なぜ、乾杯の時にグラスを合わせるのか?

高村斉です。皆様こんにちわ。
本日も雑学をご紹介させて頂きます。

高村斉 なぜ、乾杯の時にグラスを合わせるのか?

 

なぜ、乾杯の時にグラスを合わせるのか?

乾杯

「乾杯!」と言って飲み会でグラスを「カチーン!」合わせるときがあるが
その由来とは一体何なのでしょうか?

グラスを合わせる由来

乾杯

ヨーロッパでは毒が入っていないか確認するため。

乾杯の由来には諸説ありますが、一説には中世ヨーロッパでは毒殺が多かったため
お互いのグラスに毒が入っていないことを確認するため、グラスを勢いよく当てて
自分のグラスの酒を相手のグラスに飛ばして毒が入っていないことを示していたとされています。

現在の日本の乾杯はこのヨーロッパの文化の影響から来ているという説もあります。

乾杯でグラスを合わせてはいけないものは?

ワイングラス

乾杯でグラスを合わせてはいけないのはワイングラス。

乾杯のときグラスを合わせてはいけないのはワイングラスです。
ビールのような厚いグラスと違い、ワイングラスは薄く作られているものが多く割れやすいため
グラスを合わせることはマナー違反になります。

ワイングラスでの正しい乾杯はグラスを目の高さまで上げて、微笑みながら相手と目を合わせて乾杯するのがマナーです。
また、乾杯で合わせなければならない様な場合は、
衝撃を小さくグラス同士を軽く充てる程度にすると良いとされています。

--

以上、なぜ、乾杯の時にグラスを合わせるのか?でした。


本日はこの辺りで、高村斉でした。