読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉です。本日はナマケモノの話をさせて頂きます。

高村斉 ナマケモノの話 高村斉

高村斉です。本日はナマケモノの話をさせて頂きます。

ふと調べ物をしていたら気になる記事を見かけたので、

皆さんにご紹介したいと思います。

ナマケモノは満腹状態でも餓死するって本当?
のろのろとした動きと丸顔で愛嬌のあるナマケモノ。 木にぶら下がって、1日に18時間も眠る本当にナマケモノ という名前が似合う動物です。 ナマケモノは、歩くのが苦手でほとんど木にぶら下がって生活 していますが、なぜか排泄のときだけは地上におります。 それこそ、そこは怠けてもいいと思うが律儀に木からおります。 ナマケモノは、餓死することがあるらしいです。 ナマケモノのエサは、木の葉や果実などです。 木の上で生活するので食料には困らないと思いますが、餓死する ことがあるのです。なぜ、餓死するのか? ナマケモノは動きだけでなく、消化のスピードもかなり遅く、 食べたものを消化するのに1ヶ月ぐらいかかるそうです。 ナマケモノは、哺乳類ですが変温動物で気温が下がると代謝機能 が衰えていき、食べ物を消化吸収する力がなくなり、お腹 いっぱいの状態でも餓死してしまうということです。 なんとも不思議でユーモラスなナマケモノですが、得意なものも あります。 それは、泳ぎです。スピードは遅いそうですが、泳ぎは結構 うまいそうです。

 なるほど。。。

お腹がいっぱいでも、内臓が吸収する力がなくなると意味がありませんからね~

しかし、まさか内臓機能の低下による消化吸収力低下を"餓死"と捉えるとは思っていなかったので新たなる発見でした。

では今回はこの辺で、高村斉でした。