読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉のちょっと為になる雑学

高村斉です。本日は深海魚の話をさせて頂きます。

高村斉 深海魚の話 高村斉

高村斉です。本日は深海魚の話をさせて頂きます。


深海魚はなぜ深海で潰れず生きていけるのでしょう?
深海魚は、なかなかディープな姿形をしています。
鋭い歯を持っていたり、体の一部を光らせたり、エイリアンより
迫力のある姿をしたものもいます。
深海魚とは、水深200メートルより深い海に棲んでいる魚の事
をいいますが、ここより深いところに棲んでいる魚が深海魚です
という厳密な定義はないそうです。


最近では、アンコウ、タチウオ、キンメダイなどの深海魚が
スーパーの魚売り場で売られていますが、深海の生物は、まだまだ
謎だらけで、その生態はあまりよくわかっていないものが多い
そうです。
その深海魚ですが、なぜ水圧で潰れないのかと疑問に思って
調べてみたら答えは簡単、初めからそこに棲んでいるからです。
人間には理解できなくても、もとからそこに棲んでいる生物は
その環境が最適な環境なのでしょう。
深海魚を底引き網などで引き上げたら潰れるのは、浮き袋が
あるからだそうです。


普段、垂直移動に慣れていない深海魚を人間の都合で無理矢理
引き上げると、浮き袋の気圧調節が上手くいかず、潰れてしまう
そうです。
深海魚の中にも、垂直移動の出来る深海魚は浮き袋の中の油が
入っていて、潰れないそうです。

では今回はこの辺で、高村斉でした。